世界のおもしろ法律・珍法律

世界のおもしろ法律・珍法律

我が家では小型犬を飼っているため…

★ 63歳 男性の場合
我が家では小型犬を飼っているため、動物番組が放送されますとつい観てしまいます。とある動物番組で、各国のペット事情について紹介していました。
その中で私が衝撃を受けたのは、ドイツの犬に関する法律についてです。

ペットを飼うことは、責任を持ってお世話をしていかなければならないと言いますが、ドイツではこれを法律によって、細かい部分に至るまで規則化しており、飼い主はそれを覚えるだけでも大変なのだそうです。
その番組を観終わった後、ドイツの犬に関する法律が気になってしまったので、インターネットで調べてみました。
すると、番組で紹介していた以上のこんな事まで法律で定められているのかという内容が、次から次へと目に飛び込んできました。

日本よりも明確となっているのが、飼い犬は家族の一員であるという事です。
その為、多くのお宅では繋いで飼うような事はしていません。それでも大型犬を飼う場合、外で飼う事が多いのですが、敷地内で飼うとしても、たくさんの法律で飼う環境が厳しく設定されているのです。

犬のサイズによって、最低限の広さを設けるべき犬小屋と檻やフェンスは、犬が自由に動き回れるように、ゆっくりとくつろげるようにと配慮された法律です。
また、飼い主ならば当たり前のように犬とのスキンシップの時間を作りますが、これについてもドイツの場合は、1日最低2時間という設定が設けられているのです。

その他にも紹介しきれないほどたくさんあるのですが、これを守る面倒さと天秤にかけても、犬を飼いたいというお宅が多いドイツ人の動物愛に、私も見習わなければならないと思いました。

オススメワード