世界のおもしろ法律・珍法律

世界のおもしろ法律・珍法律

ドイツといえば、法治国家の原点といってもいい国…

★ 17歳 女性の場合
ドイツといえば、法治国家の原点といってもいい国。人間同様動物たちの権利も、きちんと法律によって守られている。
ドイツでは、犬を飼うにあたっての飼育条件が細かく制定されており、例えば屋内で犬を飼う場合、新鮮な空気がきちんと確保されるぐらいの大きさの窓があるかどうか、部屋の広さはどうか、屋外であれば犬小屋は1辺が2メートル以上でなければいけないなどの条件を満たさなければいけない。
また、生後12か月以内の犬や、授乳中の母犬、妊娠後期の犬、病気の犬は鎖につないで戸外で飼育してはいけないことになっていて、子犬については生後8週間は母犬から引き離してはいけないことになっている。
更に、ドイツでは有料ではあるが、犬と一緒に電車に乗ることが出来る。一般にドイツの犬はしつけがとても行き届いており、食べ物の匂いがする飲食店やカフェなどでも、飼い主の指示をしっかりと守りきちんと足元で座って待っている。
また、ドイツには、犬の税金もある。税率は各自治体によって異なるが、元々は飼い主が無責任に犬を飼い、捨てたりしないように、間接的に飼い主に責任感を持たせるような仕組みになっている。
日本とは比べ物にならないぐらい大切に守られている犬。犬というよりは、ドイツ人にとっては大切なパートナーなのかもしれない。

オススメワード